看護師 転職 兵庫

看護師はどんな保険が適応されるの?

看護師といっても特に特別なものがあるわけではなく、普通のサラリーマンやOLと同じく年金や雇用保険、健康保険など条件を満たしていればもちろんこういった保険に入ることは可能なのです。働いているという面に関してはそう言ったものが適応されます。中には労災保険が適応される病院もあるようですがその辺りは勤務する病院によって変わるようです。

保険といいますとある程度の収入がある人は入らなくてはならないものもありますが任意の物もありどれに入ればいいのかわからないものもいくつかあるかも知れませんが基本的には普通のサラリーマンやOLと同じような感じの様です。
しかし中には特殊な保険もあるようです。医療の現場というとミスの許されない現場です。不注意でミスというのはあってはなりませんがそれでも絶対にゼロということはあり得ません。看護師も人間です。擁護するわけではありませんが絶対はないと思います。私がまだ被害にあったわけではないので何とも言えませんが。

普通、看護師の仕事はお医者さんの管轄下で行われるのが普通ですので看護師のミスは病院側が、というのが当たり前の様ですが最近は看護師本人を指定して、と言う場合もあるそうです。保険といってもサラリーマンやOLが入る様な保険から自分の身を守る為の保険という物もあるようです。

もちろんそう言った保険を使用しないというのが一番なのですが不慮の事故や絶対があり得ないようにもしかしたら使用する可能性もあり得ます。看護師という職業は通常の職とは違う部分も多くある上に仕事内容はリスクが多い職業でもあります。こういった特殊な職業であるが故に特殊な保険があるということなのでしょう。

大きな大学病院で働くナースのお仕事!

看護師さんの職場というとクリニックや総合病院、そして大学病院があります。今回は最後に上げた大学病院についてお話したいと思います。

まず総合病院と大学病院はどう違うのでしょう?患者側からするとどちらも同じように思えますが中で働いている職員からすると全く違います。総合病院も大学病院もそれぞれ主要な診療科が入っており、なおかつ入院施設が整っていることが特徴なのです。しかし働く職員は少し違いが存在します。実は大学病院は文字通り大学と病院が一緒になっています。研修などはそのまま大学病院で研修したりということが一般的な様子。その為か、総合病院では看護師が行うことも研修医が行ったりするため看護師は基本的な看護の仕事がメインになるようです。ですが、採血などは看護師さんの仕事であり一丸に「看護だけ」ということではありません。

そして大学病院というのは学ぶ場でもあるためか場所によっては最先端の技術を取り入れ治療を行う所もあります。そう言う場ですので看護師さんも最先端の技術に触れる事が出来る場でもあります。そこが大学病院で働く看護師さんにとってはかなりプラスになる点ではないではないでしょうか。大学病院で働く看護師さんというのは結構ハードな様でやはり夜勤もあるようです。私も友人に聞いた限りの事ですが「ハサミを一番最初に買った」といっていたのでもしかしたら配属先によっては服を切ったりなんだりと色々するのかも知れません。

どこの病院にいても多少やることが全部違うと言うわけではなく看護師が任される事のない仕事があるということのようです。

看護師資格は持っているけれど復職支援はどうなっているの?

出産、育児と色々な理由で看護師の資格を持っているのに現在、看護師の仕事をしていないという方は多いと思います。特に子育て中となりますと中々、仕事に出るということがしにくいでしょう。そして何より「今から復帰しても大丈夫だろうか?」と不安になる事もあるはずです。

医療現場というのは日々変更点や改善点が変わる職場です。場所によっては新しい物が導入されていたりして昔働いていたときと違っている物も沢山あります。そうなると復帰にさらに不安が募ってしまう。そういう時に利用したいのが復職支援です。

今でも医療現場では人手不足。今でこそ男性の看護師さんも増えてきましたがまだまだ女性の多い職場です。やはりそれくらい女性の手は欲しい所。ですが女性は仕事をしていなくとも多忙です。夜勤が出来ない、フルタイムは難しいという事もあるのでしょう。こう考えると復職に対してかなり色々なハードルが高そうです。しかし、上記でもいいました通り、復職支援という物が存在します。復職支援をしている病院もあれば、セミナーを開いている場所もたくさんあります。セミナーは全国各地に存在しますし、ネットでのセミナーもあるようです。時間があるのであれば各都道府県のセミナー案内をみてみてはいかがでしょう。意外と自分にあった職場があるかも知れません。

もし子育ても一段落ついてもう一度看護師として働いてみようかなと思ったのならこういった復職支援セミナーなどを利用し自分にあった職場を探してみるのもいいかもしれません。

ナースの仕事は腰痛の天敵!一体何が原因なのか

オフィスワークでも立ち仕事でも腰痛という物はつきものですが中でも看護師という職業はかなり腰に負担のかかるお仕事の様です。

それもそのはず。看護師の仕事は基本は立ち仕事、デスクワークもあれば重たい物を運んだり、患者さんの補助をするために無理な体勢になったりととにかく無理な体勢が多いのです。想像しただけで腰が痛くなってしまうぐらいハードな仕事が多いのが特徴と言えましょう。
しかし、看護師と腰痛というのはどうやら切っても切り離せない様子。患者さんの体を起こす時に補助をする時はもちろん、重い物を持ったまま移動するということも多く知らず知らずの内に腰に負担がかかってしまうことも。何よりそう言った「重い物」関係で腰痛になる場合もあれば内臓関係が原因で腰痛になる場合もあります。それを考えると原因としてはストレスも上げられるかも知れません。看護師という職業は腰痛とセットであると考えてもいいかもしれません。

ですがそれが続けば仕事どころではありません。自分の体は自分が労ってあげなければなりません。痛み止めなどで騙し騙し仕事が出来ていたとしてもそれはあくまで誤魔化しながらしているだけであって治っているわけではありません。動けなくなるまで腰痛が酷くなる前にちょっと職場を変えたりしてみた方がいいかもしれません。

病院によっては看護師に負担をかけないようにと気を配った装置を設置している場所もあるようです。別の病院へ移るという時に条件を指定して探してみてはいかがでしょうか?

働くのは病院だけじゃない!ナースの在宅ワーク

看護師の資格は持っているけど今は病院に勤めているわけではない。勤めてはいるけどれど少し暇がある。そんな時にあまり家から出ることなくちょっとした仕事するのに最適な在宅ワークです。中でも看護師の資格を生かせる在宅ワークという物もあります。

看護師というのは医療の勉強をしてきた人たちですからその知識を生かして仕事が出来たらいいと思いませんか?もちろん探せばそう言う在宅ワークも存在します。実際そういった在宅ワークはちょろっと調べてみるのもいかがでしょうか。そしてこれは在宅ワークではないのですが訪問看護というのもあるようです。こちらは家に居て出来る物ではないですから在宅ワークではありませんね。

在宅ワークのいい所は家から出ずにお金を稼げるという所ですが普通に勤務をしている看護師さんは在宅ワークでは物足りないかも知れませんが特に今働いていない、主婦だったりする人にはちょっとした小遣い稼ぎするには丁度いいかも。

看護師さんという職業は意外とたくさんの情報をもっている職業です。もちろん個人情報は出せませんが職場の雰囲気や病気の事について等々、看護師さんの情報を欲している人は意外と多いよう。それくらい看護師さんの仕事は有益だということですね。正しい情報の提供という人の役にたてる仕事と自分の懐をちょっとだけ潤すということが出来るまさに気分と金銭とどちらも楽になります。お金にがつがつしたくないと思うかも知れませんが生活していく上でなくてはならない物ですし、決して損になると言うことはありません。

もしこれから在宅ワークを考えているのであれば自分に合った在宅ワークを探してみてはいかがでしょうか?

お医者さんよりも実は大変?看護師のストレスの原因とは

どんな仕事をしていてもストレスという物は必ずついてくるもの。看護師ももちろんその例に漏れることはありません。
看護師という職業はとにかく人間関係が大変。お医者さんや同僚の看護師、患者さんにその患者さんの家族ととても人間関係が広いのです。そして職業柄、知識という物も必要で失敗も許されない厳しい現場です。そんな職場となるととにかくストレスが溜まって仕方がないはずです。私は考えただけでちょっと気が滅入ってしまいそうです。

特に新人の看護師さんは勤務したてとなると先輩看護師さんから学習して来たことを問われたり、勤務している病院で作業を覚えたりととにかく沢山覚えることがあって頑張りすぎるとストレスで体の調子を崩してしまうことも。とにかく勉強量も多い上に他に対人関係もとなると一杯一杯になってしまい、ストレスの発散が苦手な方はかなり要注意!
ストレスの解消方としてはやはり好きなことをめいっぱい出来る時間があることですね。ただそれも難しいとなるとやっぱりストレスで体調を崩してしまう。ストレスというのは体調には大敵です。ストレスで逆に患者側になってしまうなんて事は出来るだけ避けたいですがそれでもストレスは毎日の様に溜まっていきます。ストレスでどうにもならなかったら仕方がありません。辞めるというのも一つの手でしょう。

経験を積みたいというのはあるかも知れませんが一度体調を崩してからでは復帰をするのに時間がかかってしまいます。他の所に気が使うのもいいですがやはり自分の事もしっかりとみてあげましょう。

ナースの仕事で住宅ローンはくめるのか?

仕事が安定してきたら今度は持ち家が欲しい!そう思う方も少なくはないでしょう。看護師さんだって一人の人間ですのでそう思っても可笑しくはありません。では看護師という職業は普通のサラリーマンのように住宅ローンは組めるのでしょうか?

結論から言うと看護師をいう職業は貸す側からすると特に引っかかりはないようです。安定した収入があり、かなり職として保証された職業だからです。
ですが、既婚者ではなく独身者の場合はちょっと審査で引っかかってしまうかも知れません。そしてそれと同じように若すぎる方、逆に年齢が上過ぎているというのも少し危ないかも知れません。そして頻繁にキャッシングをしている方も要注意です。

住宅ローンというのは長く払うのが前提で組むものです。その性質上貸す側も完遂出来るかどうかというのを見極めて貸すが貸せないかというのを審査しなくてはなりません。若い方は今後の返済の見通しが立たないという原因があり、その逆で年齢が上過ぎると最後まで払えるのはという懸念が存在するのです。そんなこと言われても、と思うかも知れませんが実際はそう言う事のようです。

ですが看護師という仕事は勤続して出来る職業でありブランクがあっても復帰しやすい職業です。育休していて、復帰してからローンを組むというのは充分可能なのではないでしょうか?その辺りは借りる側との相談や審査に何か不備がないか自分で把握したりといったことが必要かも知れません。

法律上の看護師ってどこまでしていいの?

病院に行くとお医者さんの他にも看護師さんがいると思います。お医者さんはもちろん患者さんの病状をみたり、治療をしたりというのが普通ですが、では看護師さんはどの辺りの医療行為が出来るのでしょうか?

まずお医者さんもそうですが、看護師にも当然法律という物が存在します。法律上看護師さんが出来るのはお医者さんの補助、そして患者さんへの援助、教育というのがあります。正直これだけでは具体的に何がいいのかわかりませんね。
病院に行くとたまに看護師さんが注射を打ったりしてくれますが、それはどうなの?と疑問に思ったり。そこで少し調べてみますと看護師さんでも注射をしても大丈夫な場合もあるようです。これが「補助」の部分に当たるようです。他の「援助」と「教育」というのは入院している患者さんの手伝いや「こういう時はこうしてくださいね」というものが当たるようです。他にもお医者さんに指示をされた場合は「補助」の範囲内で色々と行う事も出来るようです。

ドラマで見るように点滴を変えたり、包帯を変えたりというのももちろん看護師さんの仕事の一つ。他にも臨時で応急手当というのもすることは可能なようです。確かにお医者さんを待っている間に何も出来ないというのは看護師さん側からしてもやきもきする状態ですものね。

これは余談ですがこの看護師さんの法律に当てはまるのは「看護師」だけではありません。助産師や保健師も当てはまる法律のようです。すべて同じ職業ではありませんが医療の現場に関わるという意味では看護師さんと一緒なのかも知れませんね。

外科の看護師って何をしているの?気になる仕事内容!

日本の病院って色んな分野があると思いませんか?小さな病院でもいくつも「内科・小児科・耳鼻科」なんて並んでいてよく分からないと思います。日本はそう言った風に各種分野に分かれて専門医が患者さんをみるというのが主流です。

お医者さんが患者さんをみるのは当然ですが、ではその病院にいる看護師さんはどういった仕事をしてるのでしょうか?

中でもちょっと気になるのが「外科」ではないでしょうか。この「外科」というのも実はたくさんあって一般外科、小児外科、整形外科、としっちゃかめっちゃかにあります。それでも大きい病院以外では「外科」を掲げている病院はないと思いませんか?周囲の病院を思い出してみても「外科」という文字は見当たりません。実は手術によって治療を行うのが外科。つまり外科を掲げているのは手術の出来る施設が整っている病院ということになります。

手術というと患者さんにとってはとても不安な治療の一種です。看護師とはそんな不安を聞いてあげたり、取り除いてあげたりするのが仕事なのです。精神的に不安定な患者さんに優しく接することが主なお仕事。術前、術後の経過をみるのももちろんお仕事に入るのですがこういったケアをするという大切な役割を担っているのです。もちろん中には手術室で働く看護師さんもいるようです。手術に立ち会う専門の看護師さんというのもとてもやりがいのある仕事内容のようです。

このように看護師の仕事は専門とする場所によって少々変わってくるようですが患者さんのケアを第一に考えるという面では一緒の様です。看護師が「白衣の天使」と呼ばれたりするのは、もしかしたらそんな努力やケアを受けた患者さん達から見た看護師さんの姿を形容した言葉なのかも知れませんね。

看護師になる為に利用したい奨学金制度

不景気が続く中やはり手に職を付けたいという人も多いはず。そうでなくとも人を助ける仕事に就きたいと考える人もいるでしょう。なかでも看護師はかなり魅力的ではないでしょうか。そこで利用したいのが奨学金。ではその看護師の奨学金とは一体どうなっているのでしょう?

看護師の奨学金制度というのは実は様々な所で受けられます。普通、奨学金というと学校側が出してくれるイメージが強いかも知れませんが看護師の奨学金というのは学校だけではなく病院などの医療機関や公共団体など奨学金制度を導入している所はたくさんあるのです。

ですがこの奨学金はどこも一律で一緒というわけではありません。各機関によって条件や内容は変わってくるのです。他の奨学金制度を受けている場合などは併用負荷の場合もありますし、また逆に併用出来る所もあるのです。

そして奨学金を受けられる期間などもどうやら大きく変わるようです。通常看護学校などに通う場合短大ですと2年、大学であれば4年となりますが、その期間受けられる事もあれば看護科のある高校に通っているのであれば高校から受けられる場合もあるのです。その辺りもやはりそれぞれの機関によって変わるようです。奨学金を受けようと思っている場合はその辺りも調べておいた方がよさそうです。

しかし奨学金を受けるとなるとやはりそこには制度を利用するための条件という物がつきものです。とはいってもそう厳しい条件が付いているわけではないようです。各県にそう言った機関が設けられている場合もありますし、意外とたくさんのところで奨学金制度は用いられています。

今後の事を考えて、またはそうでなくても、看護師になりたいという人の為にこのような制度があるのですからもし目指しているのであれば内容を吟味し、利用してみてはいかがでしょうか。