法律上の看護師の立場

法律上の看護師ってどこまでしていいの?

病院に行くとお医者さんの他にも看護師さんがいると思います。お医者さんはもちろん患者さんの病状をみたり、治療をしたりというのが普通ですが、では看護師さんはどの辺りの医療行為が出来るのでしょうか?

まずお医者さんもそうですが、看護師にも当然法律という物が存在します。法律上看護師さんが出来るのはお医者さんの補助、そして患者さんへの援助、教育というのがあります。正直これだけでは具体的に何がいいのかわかりませんね。
病院に行くとたまに看護師さんが注射を打ったりしてくれますが、それはどうなの?と疑問に思ったり。そこで少し調べてみますと看護師さんでも注射をしても大丈夫な場合もあるようです。これが「補助」の部分に当たるようです。他の「援助」と「教育」というのは入院している患者さんの手伝いや「こういう時はこうしてくださいね」というものが当たるようです。他にもお医者さんに指示をされた場合は「補助」の範囲内で色々と行う事も出来るようです。

ドラマで見るように点滴を変えたり、包帯を変えたりというのももちろん看護師さんの仕事の一つ。他にも臨時で応急手当というのもすることは可能なようです。確かにお医者さんを待っている間に何も出来ないというのは看護師さん側からしてもやきもきする状態ですものね。

これは余談ですがこの看護師さんの法律に当てはまるのは「看護師」だけではありません。助産師や保健師も当てはまる法律のようです。すべて同じ職業ではありませんが医療の現場に関わるという意味では看護師さんと一緒なのかも知れませんね。