看護師 転職 兵庫

クリニカルパスとは

病気をしたときに一番気になるのは、この病気は治るのかどうかと、治るとしたら、いつまでに治るのかだと思います。

通常学生であれ社会人であれ、1年とかいかないまでも、1ヶ月ぐらいであれば予定を立てて生活しているものです。小学生から高校生ぐらいまでであればカリキュラム、授業予定があります。大学生になると授業の予定は組まれていて、自分が履修しなければいけない授業を自分で選んでスケジュールを組みます。社会人になればなおのこと、ほとんどベースのない中で仕事やプライベートの予定を組んでいきます。

自由ではありますが、一度大きく予定がズレると取り返すのに時間がかかります。生活スケジュールを狂わす原因として考えられるのが、病気による長期入院ではないでしょうか?病気はいつなるか分かりませんし、それは予定に組むことはできないです。仕事をしていれば、長い間仕事ができなくなるわけで、業務の引継ぎ、いつ復帰できるかはとても大きな問題としてのしかかってきます。

近年医療の現場では、クリニカルパスというものがあり、授業のカリキュラムのように治療のスケジュールが組まれるようになってきているそうです。それも目に見えて分かりやすくなっています。そもそもこのスケジュール表は、アメリカで始まったといわれています。このスケジュールを立てることによって、患者さんはいつどんな検査や治療が行われるか一目瞭然となり、心構えができます。予定としていつ退院できるかも明確になります。医療スタッフもすのスケジュールの沿って治療をすすめればいいということで、治療を受ける側にも、治療をする側にもとても便利なものといえます。

1.仕事を辞める時の退職理由あれこれ
退職理由に困ったらこのサイト!体験談がいっぱいです。