ナースの仕事と腰痛の関係

ナースの仕事は腰痛の天敵!一体何が原因なのか

オフィスワークでも立ち仕事でも腰痛という物はつきものですが中でも看護師という職業はかなり腰に負担のかかるお仕事の様です。

それもそのはず。看護師の仕事は基本は立ち仕事、デスクワークもあれば重たい物を運んだり、患者さんの補助をするために無理な体勢になったりととにかく無理な体勢が多いのです。想像しただけで腰が痛くなってしまうぐらいハードな仕事が多いのが特徴と言えましょう。
しかし、看護師と腰痛というのはどうやら切っても切り離せない様子。患者さんの体を起こす時に補助をする時はもちろん、重い物を持ったまま移動するということも多く知らず知らずの内に腰に負担がかかってしまうことも。何よりそう言った「重い物」関係で腰痛になる場合もあれば内臓関係が原因で腰痛になる場合もあります。それを考えると原因としてはストレスも上げられるかも知れません。看護師という職業は腰痛とセットであると考えてもいいかもしれません。

ですがそれが続けば仕事どころではありません。自分の体は自分が労ってあげなければなりません。痛み止めなどで騙し騙し仕事が出来ていたとしてもそれはあくまで誤魔化しながらしているだけであって治っているわけではありません。動けなくなるまで腰痛が酷くなる前にちょっと職場を変えたりしてみた方がいいかもしれません。

病院によっては看護師に負担をかけないようにと気を配った装置を設置している場所もあるようです。別の病院へ移るという時に条件を指定して探してみてはいかがでしょうか?