美容外科で求められるナースのスキル

美容外科で求められるナースのスキルとは?

美容外科と聞くと華やかなイメージがありますよね。もちろん、きれいになりたいと思う女性が集まる場所ですから明るいです。しかし、これから働こうとしている看護師さんには、一般的な医療の知識、技術はもちろん必要ですが、それに付け加えて、もう1つ重要なスキルを備えなくてはならない事を知っておいて頂きたいです。それは、「接客」です。

まず、総合医療と美容外科の違いですが、必要に迫られて怪我や病気を治す目的で行くのが総合医療で、個人の意思で美しくなりたい、綺麗になりたいと思った方が来る場所が美容外科です。

その2つの大きな違いは、患者様とお客様の違いです。美容外科に来る方々が「お客様」である以上、接客という技術が必要になります。

美容外科は、病気の治療ではないので、基本的に健康保険が利用できず、全額負担の「自由診療」になります。自由診療ですと、美容外科の各クリニックで施術に対する金額の設定ができるため同じ施術内容でも各クリニックで金額の差が出ます。その金額に対する対価として第一は医師の技術ですが、第二には、接客になります。保険がきかない高額医療になりますから利用される方はサービスを重要視されるのはもちろんです。施術に関する事は医師であっても、クリニックのシステムの説明だったり、アフターケアだったりをするのは看護師さんになるわけですから一番接点が多いといっても過言ではありません。ですから、接客のスキルを備えなくてはならないのです。

医療のみをすればいいという念頭で就職をしてしまうと、接客の比率が多くなりますから、考えていたのと違うということになってしまいますので、総合医療と美容外科とのスタンスの違いをふまえたうえで、就職を考えてみてください。接客が好きな方や夜勤が合わない方には基本的に夜勤勤務はありませんのでおすすめですので是非挑戦してみてください。