大学病院でのナースの仕事とは

大きな大学病院で働くナースのお仕事!

看護師さんの職場というとクリニックや総合病院、そして大学病院があります。今回は最後に上げた大学病院についてお話したいと思います。

まず総合病院と大学病院はどう違うのでしょう?患者側からするとどちらも同じように思えますが中で働いている職員からすると全く違います。総合病院も大学病院もそれぞれ主要な診療科が入っており、なおかつ入院施設が整っていることが特徴なのです。しかし働く職員は少し違いが存在します。実は大学病院は文字通り大学と病院が一緒になっています。研修などはそのまま大学病院で研修したりということが一般的な様子。その為か、総合病院では看護師が行うことも研修医が行ったりするため看護師は基本的な看護の仕事がメインになるようです。ですが、採血などは看護師さんの仕事であり一丸に「看護だけ」ということではありません。

そして大学病院というのは学ぶ場でもあるためか場所によっては最先端の技術を取り入れ治療を行う所もあります。そう言う場ですので看護師さんも最先端の技術に触れる事が出来る場でもあります。そこが大学病院で働く看護師さんにとってはかなりプラスになる点ではないではないでしょうか。大学病院で働く看護師さんというのは結構ハードな様でやはり夜勤もあるようです。私も友人に聞いた限りの事ですが「ハサミを一番最初に買った」といっていたのでもしかしたら配属先によっては服を切ったりなんだりと色々するのかも知れません。

どこの病院にいても多少やることが全部違うと言うわけではなく看護師が任される事のない仕事があるということのようです。